画像を圧縮し高速化プラグイン[EWWW Image Optimizer]導入-設定-使い方

こんにちは よさこいです。

今回は、「画像を圧縮して高速化する

プラグイン[EWWW Image Optimizer]の導入・設定・使い方」

について解説します。

サイトを運営していく中で、

コンテンツが増えてくるとどうしても

表示速度が遅くなる悩みが付いてきます。

コンテンツの増加とともに、画像も増えてきます。

コンテンツの中で、最も大きなボリュームを

占めるのが画像ファイルです。

そうすると、あなたのサイトの表示速度が遅くなってきます。

このような状態でそのままにしておくと、

あなたのサイトに訪問してくれた人は、

通信環境によっては、サイトの表示が遅くなり、

結果、離脱して他のサイトに流れてしまいます。

しかし、「EWWW Image Optimizer」 という

プラグインをインストールすれば、

以下のようなメリットを受け取ることができます。

  1. 画像をアップすると自動でファイルサイズを圧縮。
  2. 過去にアップした画像を検出し、ファイルサイズの圧縮が一括でできる
  3. 画像圧縮の処理が早い

画像を使うことが多いブログの場合は、

特に必須のプラグインと言えます。

「EWWW Image Optimizer」の導入方法

まずは、プラグイン「EWWW Image Optimizer」を、

WordPressにインストール、導入します。

❶ダッシュボード ⇨ プラグイン ⇨ 新規追加

❷検索窓に「EWWW Image Optimizer」と入力

❸インストール後、有効化します。

1

「EWWW Image Optimizer」の設定方法

プラグインを有効化したら、

管理画面の左メニューの「設定」の中に

「 EWWW Image Optimizer 」

という項目が追加されています。

これをクリックすると詳細設定の画面が開きます。

設定項目は、以下の4つありますが、

  1. 基本設定
  2. 詳細設定
  3. コンバージョンの設定
  4. WebP Settings

3か所チェック箇所

1、基本設定のタブを選択し、メタデータを削除するにチェックを入れます。

2、詳細設定のタブを選択し、無効 pngoutにチェックを入れます。

3、コンバージョン(変換)の設定のタブを選択し、

コンバージョンのリンクを非表示にするにチェックを入れます。

このチェックを入れることで、圧縮による画像の劣化を抑えることができます。

EWWW Image Optimizerの使い方

設定が完了したら、実際に圧縮を実行してみます。

EWWW Image Optimizerの使い方には以下の2つがあります。

  1. メディアライブラリ内にある画像の一括圧縮
  2. 新規アップロード画像の自動圧縮

メディアライブラリ内にある画像の一括圧縮

EWWW Image Optimizerは、

メディアライブラリ内にある既に

アップロード済みの画像を一括して圧縮することができます。

「管理画面」⇨「メディア」⇨「まとめて最適化」を選択します。

メディアライブラリの画像を最適化という項目の

最適化スタートボタンをクリックして、圧縮を開始します。

終了と表示されれば、圧縮完了です。

新規アップロード画像の自動圧縮

EWWW Image Optimizerは、

プラグインを有効化していれば

画像をアップロードする度に

自動で画像を圧縮をしてくれます。

メディアライブラリで画像を

リスト形式で表示させ、画像最適化という項目で

圧縮されていることを確認できます。

まとめ

以上が、「画像を圧縮し高速化プラグイン

[EWWW Image Optimizer]導入-設定-使い方」の内容です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

他の記事も読んで頂けると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする