インデックスツール[FetchasGoogle]で公開後即グーグルへ通知と楽天SN登録

こんにちはよさこいです。

今回は、記事公開後一手間かかりますが、SEO対策として

「インデックスツール[FetchasGoogle]を活用して

記事投稿時にグーグルへの告知と楽天SNへ登録」

習慣にすることをお薦めしています。

「Fetch as Google」の機能は効果抜群

「Fetch as Google」は、

ウェブマスターツールにある機能の1つです。

ンデックスを早めるのに、

効果が期待できるツールです。

※インデックスとはクローラーが

インターネット上を巡回したときに

サイト情報を検索エンジンのデータベースに登録すること

インデックスすることで、

検索結果の表示に反映されます。

「Fetch as Google」で、ページのURLを送信することで、

Googleに、「ページを更新したんで、早くインデックスして!

と、インデックスの登録の為に、URLのリクエストを申請して

検索エンジンにクローリングしてもらえる機能です。


インデックスの登録は、検索結果に表示させる為に

必要不可欠になっています。

基本的には、記事を公開すれば、

クローラーが来てくれて

インデックスに登録してくれます。

特に、新しいサイトを立ち上げたばかりの

ブログやサイトなど、

また、トレンドブログで一刻も早く

1分1秒でも早く、インデックスさせたい時に、

「Fetch as Google」を利用する事をお薦めします。

また、既存のページを再更新した場合にもお薦めです。

ただ、あくまでも、リクエストとして申請する物なので、

必ずインデックスすると、保証される物ではありません。

クローラーを呼び込んでも

ページ内容の関係で、インデックスをしないケースもあります。


★記事公開後の一手間がSEO対策

今まで、3回にわたって

トレンドブログの記事の書き方を説明してきました。

今回でトレンドブログの記事作成方法は、最終回となります。

今まで3回の詳しい内容はこちらからどうぞ!!

トレンドお薦めネタ[未来予測]記事タイトル選定[無料キーワードツール利用]

グーグルから高評価されるSEOを意識した[記事の書き方5カ条]

記事投稿前の準備[パーマリンク-カテゴリー-タグ-アイキャッチ画像]設定

これであなたも、WordPressを利用して

トレンド記事を書き投稿することで

アフィリエイトを始めることができます。

それでは、もう一度

★記事の書き方手順(全体概要)を再確認してください。

タイトル記入(暫定):メイン・サブキーワードの選定
無料キーワードツールの利用

  • Yahoo!グーグルのサジェストキーワード
  • goodkeyword  http://goodkeyword.net/
  • タイトル文字数カウント君                http://singoro.net/seo-title-count/
  • Googleキーワードプランナー
記事を書く・見出し作成・タイトル修正し完成
  • 記事の書き方(内部リンク等)
  • 見出し作成(h2~h4タグ)
  • 記事を書く(最低1000文字以上)
  • 見出し・記事タイトル修正後最終決定
  • 画像挿入
記事完了
記事全体を再度見直し、記事タイトル最終見直し完了
投稿前の準備:パーマリンク設定、タグ記入、アイキャッチ画像設定
記事公開をクリック
インデックスツールの活用
  • Fetch as Google(Googleサーチコンソール)
  • 楽天SN(ソーシャルニュース)
解析ツールの利用
  • Googleアナリテイクス
  • BROADDENTRY(ランキングチェッカー)

★「Fetch as Google」活用手順

FetchasGoogleを利用するためのサーチコンソール登録方法と

記事公開後の「FetchasGoogle」画面を開くまでの手順は、

こちらの記事を確認してください。

▶サーチコンソール登録方法とインデックス促進FetchasGoogleの使い方

Fetch as Google 画面が開いたあとの手順を説明します。

対象とするデバイスは、PCを選択してください。

❶対象の URL を入力して、右の「取得」をクリックします。

❷取得 ⇨ 完了 ⇨ インデックスリクエスト

❸送信方法の選択 ⇨ 送信取得 ⇨ インデックス登録済(完了)

「私はロボットではありません」に、☑を入れます。

このURLのみをクロールするを選択して、送信をクリックします。

★楽天SN活用手順

楽天SN(ソーシャルニュース)を利用するためには、

まず、まずユーザー登録を行う必要があります。

ユーザー登録方法はこちらをご覧下さい。

▶楽天SNの登録方法:ソーシャルブックマーク

ユーザー登録を完了させて

https://socialnews.rakuten.co.jp/

ログインできましたら。右上のマークをクリックします。

記事投稿画面が開きます。

  • ①公開したブログのURLを入力します。
  • ②どこでもいいのでクリックすると
  • ③公開ブログが取り込みされます。
  • ➃「次へ」をクリックします。

入力・選択画面が開きます。

  • 上から順番に入力・選択していきます。
  • 全部入力・選択が完了したら①をクッリクします。

登録完了で楽天SNにブログが表示されます。

★まとめ

以上が、「インデックスツール[FetchasGoogle]

投稿後即グーグルへ告知と楽天SN登録

の内容でした。

記事公開後に一手間かかるので、

最初は面倒かもしれませんが、

SEO対策だと考えて

  • ①記事公開
  • ②「Fetch as Google」でインデックス
  • ③「楽天SNへ投稿」

の習慣を身につけて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

関連記事もシェアをして頂けると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする