記事投稿前の準備[パーマリンク-カテゴリー-タグ-アイキャッチ画像]設定

こんちはよさこいです。

今回は、トレンドブログ記事投稿前に

記事投稿前の準備として、SEO対策効果の大きい、

「パーマリンク・カテゴリー・タグ・アイキャッチ画像」の設定方法

スポットをあてます。

今まで、2回にわたってトレンドブログの記事の書き方を

説明してきました。詳しい内容はこちらからどうぞ!!

▶グーグルから高評価されるSEOを意識した[記事の書き方5カ条]

▶トレンドお薦めネタ[未来予測]記事タイトル選定[無料キーワードツール利用]

それでは、もう一度

★記事の書き方手順(全体概要)を再確認してください。

タイトル記入(暫定):メイン・サブキーワードの選定
無料キーワードツールの利用

  • Yahoo!グーグルのサジェストキーワード
  • goodkeyword  http://goodkeyword.net/
  • タイトル文字数カウント君                http://singoro.net/seo-title-count/
  • Googleキーワードプランナー
記事を書く・見出し作成・タイトル修正し完成
  • 記事の書き方(内部リンク等)
  • 見出し作成(h3・h4タグ)
  • 記事を書く(最低1000文字以上)
  • 画像挿入
記事完了
記事全体を再度見直し、記事タイトル最終修正
投稿前準備:パーマリンク・カテゴリー・タグ・アイキャッチ画像設定
記事公開をクリック
インデックスツールの利用
  • Fetch as Google(Googleサーチコンソール)
  • 楽天SN(ソーシャルニュース)
  • はてなブックマーク
  • BROADDENTRY(ランキングチェッカー)
解析ツールの利用
  • Googleアナリテイクス
  • BROADDENTRY(ランキングチェッカー)

記事作成が完了したら、

再度、記事全体を見直して、誤字脱字がないか確認してください。

そして、記事タイトル、見出し、記事の内容を整合して

記事タイトルを最終決定します。

以上の作業がおわりましたら、

次の記事投稿前の準備作業に入ります。

★記事投稿前の準備(パーマリンク設定)

記事投稿を始める前に

絶対にやった方がいい設定の一つに

パーマリンクの最適化があります。

パーマリンクとは?

デフォルト状態の WordPress で

新規追加で記事を作成すると

そのページのURLは、

http://shinia1000.com/post.php?=857&action=edit 

のように数字と記号の組み合わせで表示されます。

この URL のうち、独自ドメイン以降の部分を

post.php?=857&action=edit 

パーマリンクと言いいます。

このように意味のない数字と記号の組み合わせの

パーマリンクだと、サイトのユーザビリティの面でも

SEOの面でもよくありません。

最適なパーマリンクとは?

WordPressにとってベストなパーマリンクは

以下の2種類です。

http://shinia1000.com/wordpuress/permalink-settei)

独自ドメイン/カテゴリー名/記事タイトル

 http://shinia1000.com/permalink-settei)

独自ドメイン/記事タイトル   

ユーザビリティやSEOの面から考えると、

❶の方が理想的なパーマリンクになります。

その理由は、❶のパーマリンクでは、

そのページが、シニア1000というサイトの

WordPress のカテゴリーに属する記事の一つだと

すぐに理解することができるからです。

つまり、読者も検索エンジンも、

ブログの構成がどのようになっているか

把握することができるのです。

それでは、❶のパーマリンクをお薦めしたいところですが、

運用面を考えると、デメリットがあるのです。

デメリットは、カテゴリーを変える場合がよくあることです。

カテゴリーを変えた時に、記事のURLまで変わってしまうのです。

URLが変わるということは、検索エンジンに全く違う記事と認識されるので

当然、内部リンク等に不都合が生じます。

従って、ユーザビリティ・SEOの面では望ましいのは❶ですが、

実際の運用を考えると、将来的にデメリットが発生しない

❷のパーマリンクを設定することをお薦めします。

WordPressのパーマリンクの設定方法

動画資料はこちらからどうぞ!!

▶SEOに強いパーマリンクのワードプレス記事投稿時の設定方法

それでは、WordPress のパーマリンクの設定方法を説明します。

ダッシュボードの左サイドメニューから

「設定 → パーマリンク設定とクリックすれば、

パーマリンク設定画面が開きます。

wordpress-permalink-31

「カスタム構造」にチェックを入れて、

入力欄に「/%postname%」と入力します。

wordpress-permalink-5

最後に、ページの下にある「変更」をクリックしたら完了です。

これで、投稿記事や固定ページを作る時に

パーマリンクを手動で設定できるようになりました。

※尚、WordPressのパーマリンク設定は、

必ず最初の記事を作成する前に、行うようにしてください。

途中で設定すると、それまでの記事の

URLが全て変更されたことになってしまいます。

投稿記事のパーマリンクの設定方法

wordpress-post-5

記事タイトルの下にあるパーマリンクの右にある

「編集」をクッリクしてパーマリンクを変更します。

パーマリンクは、日本語で入力もできますが、

日本語URLは、HTML上で異常に長くなってしまうので

※パーマリンクは必ず英語かローマ字で入力して下さい。

また、アンダースコア(_)ではなく

ハイフン(-)を使ってください(グーグル推奨のため)

★記事投稿前の準備(カテゴリー設定)

パーマリンクの設定が完了したら、

次は、カテゴリーの設定を行います。

カテゴリーとは?カテゴリーの設定方法

新規記事を投稿公開するときには、

必ず1つ以上のカテゴリー設定が必要です。

※2つ以上カテゴリーを選ぶと

SEO対策の面でマイナスの評価になります。

もし設定せずに投稿を公開すると、

デフォルトでは自動的に

「未分類」カテゴリーに割り当てられます

右サイドバーのカテゴリーボックスに

☑チェックを入れるだけなので簡単に

カテゴリーの分類ができます。

WordPressの大きなメリットの一つに

カテゴリーの階層機能表示があります。

「+ 新規カテゴリーを追加」をクリックすると、

新しいカテゴリーを作成することや

「親」を指定すれば階層表示されます。

カテゴリーとタグを併用する場合は、

細かな分類はタグで行った方がいいです。

親子カテゴリーを設定したい場合は、

タグの使用を控えるのがベストだと言えます。

また、カテゴリーは記事投稿後に自由に

変更することができます。

★記事投稿前の準備(タグ設定)

カテゴリーは、複数の投稿を

大まかにグループ分けすることを目的にしていました。

対してタグは、カテゴリーによるグループ分けよりも

さらに細かく分類することができます。

また、カテゴリー設定は必須ですが、タグの設定は任意です。

タグを付けても付けなくても構いません。

Wordpressの基礎!タグとカテゴリーの違いとは

タグ設定のSEO上の注意

タグは多ければ良いというわけではなく、

むしろ細かく分類しすぎて分かりにくくなります。

やりすぎ注意!!

過剰にタグを設定することはSEO対策から見てもNGです。

1つのタグに対して、記事が1つしかないでは

まずいので、避けたいところです。

★記事投稿前の準備(アイキャッチ画像設定)

ブログやニュースなどで小さく表示されたり、

ソーシャルメディアで露出したり、

見た目の印象に影響するのがアイキャッチ画像です。

クリック率にも影響するので、

その作成方法や選び方には、一工夫したいものです。

アイキャッチ画像設定

❶サイドバー右下のアイキャッチ画像に設定をクリックします。

❷メデイアライブラリーが表示されますので

アイキャッチにしたい画像を選択してクリックします。

❸画像を修正をクリックして

画像のサイズを200×200に修正します。

❹再度メデイアライブラリーを表示させて

サイズを変更させた画像をアイキャッチ画像に設定します。

アイキャッチ画像を設定するとトップページには、

このように、画像付きで表示されます。

本ブログでは、画像表示を丸表示にしています。

▶アイキャッチ画像を丸,角丸表示に簡単に変更

サイドバーに表示される、

「最近の投稿」や「人気記事ランキング」にも

アイキャッチ画像が表示されますので

ぜひ設定してみてください。

★まとめ

以上が、「記事投稿前の準備[パーマリンク・カテゴリー・タグ・

アイキャッチ画像]設定で」の内容でした。

<全体目次>~タップすればもう一度読み返したい記事にジャンプします~

最後まで読んでいただきありがとうございました。

記事が価値あるものだと思われたら、

その他の記事もシェアをして頂けると嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする